コラム

〜 COLUMN 〜

入居審査が不安な方へ!

目次

賃貸契約の入居審査とは?

入居の時に必ずといって良いほど、賃貸契約の際に入居審査というものがあります。

入居希望者が、安心して貸すことが出来る人物かどうかを判断するものです。

審査には様々な方法があり、判断基準も様々です。

大まかには家賃の支払い能力があるのか、トラブルを起こす可能性が少ないのかといった点で審査がされます。

入居審査を行うのは貸主(大家さん)か不動産会社になります。

最近は不動産提携の保証会社が審査をするケースが増えてきています。

入居審査必要なモノ

一般的には、契約予定者と連帯保証人の本人確認書類(免許証、パスポート、保険証)、情報は、氏名や年齢、住所、生年月日、電話番号、勤務先の名称と住所、電話番号、勤続年数、年収などが必要となります。場合によっては、収入証明書(課税証明書、源泉徴収票、3ヶ月分の所得証明)が必要なケースもあります。

審査に通りやすくする為には

・きちんと定期収入がある事 ※収入証明を用意出来ると良い。

・保証人を親族(三親等)で、用意する。 ※保証人に定期収入がある。

・収入に応じた家賃帯のお部屋を選ぶ ※収入の3分の1以内の以内が通りやすい。

過去にクレジットの滞納があったり、信用情報に問題がある方はきちんとその事を担当スタッフに伝えておくと審査に通りやすい物件を用意してくれます。保証会社には、家賃保証系の会社、信販系の会社、自社の独自の保証会社の大きく分けて3つがありますので、保証会社を変えるだけで審査が通ったりするケースもありますので、しっかりと担当者に不安要素を偽りなく伝えることが大事ですね。

この記事を書いた人

株式会社Harnnect
株式会社Harnnect
愛知県名古屋市で不動産仲介業を行っている会社