コラム

〜 COLUMN 〜

ネットなどでよく見る、【敷金・礼金ゼロゼロ】とは?

目次

敷金・礼金ゼロゼロの物件には、それなりの理由があります。

お部屋探しをより良いものにする為にも、知っておくと損はないですよ!

そもそも敷金・礼金とは?

敷金とは賃料・補修費用を担保する目的の金銭で、基本的には退去時に全額戻ってくる費用です。ただし賃貸物件では部屋を退去するときに原状回復させることが決められています。国土交通省の定めるガイドラインにも年数等に応じて負担割合などの記載があったりはしますが、基本は契約書に基づくことになっております。退去時にハウスクリーニング代や入居者が故意、過失で壊した箇所の修繕費用として敷金が当てられます。

礼金は言葉の通り、お礼として貸主に支払う費用です。

敷金・礼金ゼロゼロ物件のメリットとデメリット

まず敷金・礼金ゼロゼロの場合は、大幅に初期費用がお値打ちになるメリットがあります。

敷金・礼金ゼロゼロ物件の場合、初期費用が大幅にお値打ちになるので、一見、魅力的に感じます。しかし、実際はトータルでは金銭的に損をするような問題物件もありますので、その例を2つ程、御紹介します。

1つ目は、何かしらの問題があり、中々入居者が決まらない様な物件です。貸主の本音としては、空室は1日でも早く無くしたいのです。例えば、立地の悪い物件、家賃が相場より高い設定のしてある物件、築年数の古い物件、などなど。その場合、家主としては敷金・礼金をゼロにして募集しているケースが多いです。

2つ目は、敷金・礼金はゼロですが、その他で費用が発生しているケースです。ハウスクリーニング費や、鍵交換費が高額で在ったり、○○サポート、○○クラブなどと云った家賃、共益費とは別に月額費用に載せられている場合もありますので、事前に不動産屋に御相談されることをオススメします。

この記事を書いた人

株式会社Harnnect
株式会社Harnnect
愛知県名古屋市で不動産仲介業を行っている会社